エナジーバンパイアなんていませんよ

エナジーバンパイアなんていませんよ

随分と昔の話ですが、本屋に行ったらスピリチュアルのコーナーに「エナジーバンパイアから身を守る方法」という本がありました。

人にはエネルギーを吸い取るタイプの人がいて、そういう人と一緒にいるとエネルギーを吸い取られて不幸になるという理論です。

 

それって究極の「人のせい」

この本を見て、正直なところ「発想が小学生だなあ」と思ってしまいました。

こんな幼稚なレベルの本が普通に売っていることに怒りすら覚えました。

だって、これ、気分が悪くなったり運が悪いのは「人のせい」だって言ってるようなものですよね。

 

もう少し科学的で、客観的に説明されていれば納得もできますが、これでは誤解を招き、この本のせいで、多くの人を不幸にするよなあって思いました。

まあ確かに、100歩ゆずって、そういう人がいないわけではありません。

とくに威張っている人とかの近くは神経使いますよね。

でも、それスピリチュアル関係ないですよね。笑

 

人生は自己責任の原則

物事は常に2面性を持っています。

エネルギーを吸収するタイプの人と放出するタイプの人がいることは事実です。

でも、仮にそれが事実とするならば、エネルギーは高いところから低い方へ流れるということ。

ヒーラーが人を癒すのは、そういう原理を使っています。

でも、あなたはヒーラーですか?

相手が意図せず、また吸い取られる方も意図してないのに、そんな簡単に「水」のように人から人へエネルギーが勝手に移ると思います?笑

そんなことはまず、ありません。

 

が、そんなことより大事なのは、エナジーバンパイア理論というのは単に「自分の不運や失敗を他人になすりつけてるだけ」って事です。

精神世界は自己責任が原則です。

いや、人生そのものが自己責任です。

自分に起こることは、自分が作った原因が自分に返ってきているだけです。

 

しかし気功師ならありえるなあ

でも思ったんですが。。。

相手が気功師だったりしたら、知らずのうちに誰かの気を吸い取っているなんてこともあるかもしれません。苦笑

実際、気功ができる人は、相手の気を吸い取ることができます。

でもここからが大事なところ。

相手が心の中でそれをガードすれば、吸い取られるのを防ぐことができます。

(モンロー研究所のヘミシンクとかやってる人は、ガードの方法は上手ではないかと思います。)

ではガードしないとガンガン吸い取られるかというと、まあ確かにそうですが、出せば出した分だけ入ってきますから気にする事はありません。

吸い取る方も出さなければ吸い取れませんし、自分のキャパを超えて吸い取れません。

ていうか、そもそも相手の気を吸い取ったところで吉と出るか凶と出るかわかりません。笑

 

なので、人ごみの中に入って疲れたなぁとか、この人といると疲れるなあと思ったら、ある程度、自分の心を閉じてください。

あまりその空間や、その人と関わらないでください。

これで気分的にエネルギーが減るのを随分防げます。

そして、ここからが一番重要なのですが、「なぜ自分は、この場所、この人と関わらなければならないのか」を、よーく考えてください。

ここで「解」が見つかれば、物理的、根本的にエネルギーが減るのを防げますからね。笑

そんなに嫌なら、その人と縁を切れば良いのです。

簡単ですね。

 

 

因果応報、人のせいにしていたら人間的・霊的成長は無い!

 

とはいえ毎回「あいつはエナジーバンパイアだから近寄らないでおこう」、という考えでは、そこからの人としての進歩がなくなります。

そもそも、物事の因果関係は物理現象です。

つまり因果応報の法則、つまり作用反作用の法則であり、物事には必ず原因があって結果のある物理現象と同じです。

それを昔はやったフレーズでいいかえると、「偶然は必然」です。

 

なので、エネルギーを吸い取られたから不運になった、疲れる、病気になったという人は、因果の「因」の部分を完全に事実誤認しているのです。

もっと言えば、「因」の部分は自分にあるのに、他人のせいにしているのです。

自己実現や人間性の向上の観点からすると、非常に逆行的で危険な考え方だということがわかりますよね。

いや、本当に危険だと思います。

スピリチュアル系の人に多い、「UFOや宇宙人が僕たちを助けてくれる思想」のような他力本願的な考え方に似てます。

でも、この「他人のせい」という考え方はさらに危険だと思います。

 

ちなみに「人のせい」の最たるものが陰謀論です。

誰だかわからないけど、根拠も微妙だけど、とりあえず闇の勢力を諸悪の根源として、敵視し、恨み、呪う。

世の中が悪いのは全て闇の勢力の責任だ!という陰謀論って責任転嫁の最たるものだと感じませんか?

(例え陰謀論が事実だとしても、です。)

 

エネルギーを感じられない人が「エナジーバンパイア」って言うな!笑

そもそも、この本を書いてる著者は「エネルギー」を感じることができるのか?という疑問もわいてきます。

少なくとも読者のほとんどはエネルギーなど感じることができない人です。

そういうレベルの人が「あいつにエネルギーを取られたから不運がやって来た」なんていうのは、相手に濡れ衣を着せるのもいいところです。

言われた方もたまったものじゃありませんよね。笑

だって、本当かどうかなんて、わかったもんじゃないからです。

 

まあ確かに、一緒にいると疲れる人はいます。

でも、よく観察して分析してみれば、何が疲れる原因なのか?程度は(ぼんやりとでも)わかるはずです。

単にその人の事を自分がライバル視しているとか、その人の話し方や顔や服装が気に入らないとか、臭いとか(笑)、何かしら原因があるのです。

仲良くしているように見えて、実は相手が自分のこと大嫌いとか、そういうケースもありますよ。笑

まずは、本当の原因を探してみることですね。

本当の原因が何もないなんてことは、まずないです。

原因を感じることができる感受性というか、そういうものを先に養うべきです。

 

心の世界は「なんでもあり」ですよ気楽に考えましょう!

あと、もう一つ注意。

重要な原理を話します。

精神世界は「なんでもあり」です。

「なんでもあり」の原則によれば、「エナジーバンパイア」というものが存在すると思っている人には本当に存在してしまいます。

そういう人は自分が「エナジーバンパイア」とレッテルを張った人の近くに行っただけで、エネルギーが減ってしまう状態になるでしょう。

エネルギーに満ちていても、エネルギーがない状態を感覚として体験するのです。

例えば、病気でもないのに病気の症状が出ます。

なんとまあ、損な考え方でしょうか、って思いませんか?

 

それと余談ですが、誰かに好意をもつと、気がその人に流入します。

その状態を「相手にエネルギーと吸い取られた」とあなたは判断しますか?笑

逆に好意を持たれれば、自分へエネルギーが流入します。

ようするに、気やエネルギーなんてものは、常にあちこちで出たり入ったり、その辺の誰それと常に交換されているものです。

その程度のものと思った方がいいです。

つまり、気やエネルギーは存在しますが、それを取った取られたはあまり大きな意味を持たないということです。

それでも、誰かにエネルギーを取られた!と思ったら、地球や太陽から気を吸い取ればいいのです。笑

そう思うだけで、エネルギーは入ってきます。

だって「なんでもあり」ですから。笑